濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)の評価

総合評価:B+

BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)

医薬部外品

商品の概要
BUBUKA は 株式会社T.Sコーポレーションが販売している、医薬部外品の育毛剤です。
褐藻類(コンブ・もずく・ワカメなど)のヌメリ成分から抽出した育毛効果のある、M-034エキスと、オウゴンエキス、そして、低分子ナノ水により育毛有効成分が浸透し、育毛効果が得られるとされています。

効能・効果 育毛。薄毛。かゆみ。脱毛の予。毛生促進。発毛促進。ふけ。病後・産後の脱毛。養毛。

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)の成分

有効成分
グリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラミンHCI、センブリエキス
その他の成分
海藻エキス-1(M-034)、ビワ葉エキス、牡丹エキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス-1、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキ ス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、松エキス、ローズマリーエキス、人参エキス、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、トレオ ニン、アルギニン、リジン液、L-グルタミン酸、 サクラ葉抽出液、エタノール、D-パントテニルアルコール、フェノキシエタノール、POE(40)硬化ヒマシ 油、ラウリルジメチルアミンオキシド 液、濃グリセリン、無水エタノール、 BG、DL-PCA・Na液、トリメチルグリシン、ソルビトール液

有効成分

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)に含まれる、有効成分は以下の3つです。

グリチルリチン酸2K
甘草(カンゾウ)の根に含まれる成分で抗炎症作用や抗アレルギー作用があり、頭皮の炎症やフケ、かゆみを防ぐ目的で、化粧品や育毛剤に広く用いられています。
ジフェンヒドラミンHCI
代表的な抗ヒスタミン剤で、シャンプー、リンスなどに使用。抗アレルギー作用があり、かゆみに効果があります。
センブリエキス
センブリは、リンドウ科センブリ属の二年草で、そのセンブリから抽出したエキスがセンブリエキスです。漢方薬の一つとして古来より胃薬として使われており、胃を刺激して血行を良くすることから、頭皮に使用することで、頭皮の血行を改善する育毛剤として利用されています。

主なその他成分

M-034(海藻エキス-1)
M-034は海藻エキスと書かれているように、海藻由来のエキスで、具体的には北海道ミツイシコンブから抽出したエキスです。
オウゴンエキス
オウゴンエキス(コガネバナエキス)は、コガネバナ(黄金花)から抽出して得られるエキスです。抗炎症作用・抗アレルギー作用・抗菌作用・紫外線吸収作用などがあり、化粧品に広く配合されています。皮脂分泌の原因になる男性ホルモンを抑制し、ニキビなどの肌トラブルを防ぎます。「男性ホルモンの抑制」というキーワードから、育毛剤にも広く配合されています。

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)の育毛へのアプローチ

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)の育毛へのアプローチは、有効成分のグリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラミンHCIとその他の自然由来のエキスで頭皮の状態を整え、海藻エキス-1(M-034エキス)で抜け毛を防ぎ、オウゴンエキス、ヒオウギ抽出液で、ホルモンバランスを整えて、センブリエキスで血行を促進し発毛を促す、ということになるかと思います。

特に「M-034」外毛根鞘細胞(がいもうこんしょう)の増殖が促進されることが確認されており、外毛根鞘細胞が増殖することで、抜け毛の防止につながることが期待されています。

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)のコスト評価

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)のコスト
容量 定価(税込) 1ml あたり単価 1本あたりの
利用期間
1日あたりの
コスト目安
120ml 12,600 円 105円 およそ1~2ヶ月 およそ210円~420円

1本でおよそ1ヵ月から2ヶ月の利用が可能されているので、1日のコストはおよそ210円~420円と幅があります。コスト評価としては、多めにみておいたほうがよいので、1ヵ月の利用で1日あたり420円とすると、かなり高めの価格設定ということになります。

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)の総合評価

総合評価:B+

ブブカに含まれる有効成分は、特別なものはなく、一般的に育毛剤に配合されている成分がほとんどです。

効果があるとされている、海藻エキス-1(M-034エキス)は確かに期待できる成分ですが、「アデランス ヘアリプロ薬用スカルプグロウ F」などにも配合されており、特別な成分ということではありません。

あまりアピールされていませんが、頭皮への浸透力を高めるためにナノ水を使っている点は評価できます。しかし、「薬用ナノインパクトプラス」と比較すると、どの程度のナノ度なのかの詳細な説明はないため、ややプラスポイントは低くなります。

全体的には、これ!といった特徴はないのですが、育毛系成分をはじめ、アミノ酸も豊富に含み、配合成分数も多く、また、ナノ水の利用で浸透力を高めているなど、いろいろな要素が含まていることで、全体的にバランスのよい育毛剤になっています。

ただ、全体バランスはよいものの、大きな特徴はなく、また、他の商品と比較するとコストは高めなため、「BUBUKA」を積極的に選ぶ理由はやや乏しいと思います。

BUBUKAを使うのであれば、「薬用ナノインパクト」「薬用ポリピュアEX」または、「BUBUKA」と同様の方向性で、価格が安い「アデランス ヘアリプロ 薬用スカルプグロウ F」あたりを使ったほうがよいように思えます。