薬用ナノインパクトプラスの評価

総合評価:A+

薬用ナノインパクトプラス

薬用ナノインパクトプラス

医薬部外品

商品の概要
株式会社ユノインターナショナルが販売している医薬部外品の育毛剤です。製造は粉体技術業界首位のホソカワミクロン。薬用ナノインパクトは薬用ダブルテラの成分強化と使い勝手を改良して開発された商品で、ナノカプセル化技術で頭皮に浸透した成分が毛乳頭を刺激し発毛を促進するとされています。

効能・効果 発毛促進、毛生促進、脱毛の予防、育毛、薄毛、養毛、病後・産後の脱毛、ふけ、かゆみ

「薬用ナノインパクトプラス」の全成分

有効成分
エチニルエストラジオール、トコフェロール酢酸エステル、センブリ抽出液
その他の成分
BG、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、ヒノキチオール、メンチルグリ セリルエーテル、エタノール、ビワ葉エキス、ジオウエキス、サクラ葉抽出液、ヒオウギ 抽出液、ダイズエキス、酵母エキス-1、キナエキス、クララエキス-1、チョウジエキス、 アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウ キズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、 オウゴンエキス、ニンジンエキス、チンピエキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオ コシエキス-1、冬虫夏草エキス、メントール、キサンタンガム、アセチル化ヒアルロン 酸ナトリウム、トレハロース、乳酸・グリコール酸共重合体、リン酸L-アスコルビルマグネ シウム、ポリビニルアルコール、ステビアエキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、セラミド2、 β-グリチルレチン酸、リン酸一水素ナトリウム、クエン酸、精製水、無水エタノール

有効成分

「薬用ナノインパクトプラス」に含まれる、有効成分は以下の3つです。

エチニルエストラジオール
エチニルエストラジオールとは、女性ホルモンの一つです。脱毛の原因の1つであるとされている、DHT(ジヒドロテストステロン)男性ホルモンの活性を抑制して髪を正常な状態にする効果が期待されます。
トコフェロール酢酸エステル
毛細血管の血行を良くし、また活性酸素から身体を守り老化を防ぐ効果があります。育毛観点からは、頭皮の血行をよくし、髪の生えやすい状態に整えることが期待されています。ビタミンEです。
センブリ抽出液
センブリは、リンドウ科センブリ属の二年草で、そのセンブリから抽出したエキスがセンブリエキスです。漢方薬の一つとして古来より胃薬として使われており、胃を刺激して血行を良くすることから、頭皮に使用することで頭皮の血行を改善することが期待され、育毛剤に広く配合されています。

主なその他成分

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
ヒアルロン酸をパワーアップさせ、水分保持力と角質吸着力を飛躍的に向上させたのがアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムです。育毛観点からは、頭皮の保湿と角質柔軟効果により頭皮の硬化を防ぐことで、頭皮硬化による毛髪生育異常や脱毛を防ぐことが期待されています。
ビワ葉エキス
ビワ葉エキスは活性酸素消去作用、コラゲナーゼ活性阻害作用及びエラスターゼ活性阻害作用が認められ、頭皮用化粧品や皮膚の老化予防の化粧品に使用されている成分です。
ジオウエキス
ジオウエキスとは、アカヤジオウ(地黄)の赤褐色の根茎から得られたエキスです、保湿効果に優れ、皮膚細胞を活性化させる作用もあり、老化、乾燥を予防する効果が期待されます。
ダイズエキス
ダイズエキスに高濃度に含まれているイソフラボンは女性ホルモンの一種エストロゲンに似た化学構造をもち、エストロゲンほどの強い作用はありませんが、類似した女性ホルモン様作用を持っています。育毛観点からは、男性ホルモンの活性を抑制して髪のサイクルを正常な状態に戻すことが期待されています。

「薬用ナノインパクトプラス」の育毛へのアプローチ

「薬用ナノインパクトプラス」の育毛へのアプローチは、有効成分である、トコフェロール酢酸エステル、そのた成分のアセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、ビワ葉エキス、ジオウエキスなどで頭皮の状態を改善し、有効成分のエチニルエストラジオール、その他成分のダイズエキスで、ホルモンバランスを調整し、髪の成長サイクルを正常に戻し育毛を促進するということになると思います。配合されている成分数は多いほうで、多彩なアプローチで育毛を促進することが期待されます。

成分としては、「エチニルエストラジオール」以外は他の育毛剤にも一般的に配合されている成分ですが、「薬用ナノインパクトプラス」の一番の特徴は、それらの育毛成分をナノカプセル化し、育毛・保湿成分が、頭皮のすみずみまでしっかり浸透させるようにしたことです。

もともと、これらの育毛成分は何らかの効果が期待できるものですが、頭皮に浸透しなければ効果が発揮できません。「薬用ナノインパクトプラス」はその点に着眼し、より効率よく届けるようにナノカプセル化技術を導入しています。

このナノカプセル化の技術は、粉体技術業界首位のホソカワミクロンだから出来たことで、技術の信頼性は高いものになっています。

「薬用ナノインパクトプラス」のコスト評価

薬用ナノインパクトプラスのコスト
容量 定価(税込) 1ml あたり単価 1本あたりの
利用期間
1日あたりの
コスト目安
60ml 7,350円 122.5円 1ヶ月 245円

現在、定期購入に限り、初回のみ半額(3,675円)のキャンペーンが実施されていますが、ここでは通常価格の場合を記載しています。

「薬用ナノインパクトプラス」の総合評価

総合評価:A+

配合成分の多さと、成分バランスの良さ、そしてナノカプセル化技術による成分の頭皮への浸透性を考えると、他の医薬部外品の育毛剤と比較し、頭ひとつ抜け出た存在です。

成分としては、特筆すべきこととしては「エチニルエストラジオール」と「ダイズエキス」によるホルモンバランス正常化、「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」による頭皮状態の正常化が期待できますが、ナノカプセル化により本来の効果が得られる可能性が高いと思われます。
また、その他の成分も頭皮に浸透することにより、それぞれが本来の役目を果たし、総合的に頭皮をケアできる期待があります。

絶対的なコストは安くはないですが高くもなく標準的な価格帯です。期待できる効果を考えれば、むしろ安いほうかもしれません。まず、試してみるならこの「薬用ナノインパクトプラス」だと思います。